ゆっくりゆったり

a3939a.exblog.jp
ブログトップ

しまなみ海道通って名駒へ

a0224117_23365368.jpg

a0224117_2337047.jpg

a0224117_23371315.jpg

a0224117_23372187.jpg

a0224117_23374688.jpg

a0224117_2337575.jpg

a0224117_23381281.jpg

a0224117_23382072.jpg

a0224117_23383867.jpg

a0224117_23384419.jpg

a0224117_23385042.jpg

a0224117_23385784.jpg

a0224117_2339443.jpg

a0224117_23392594.jpg




a0224117_18472.jpg





瀬戸内海のお魚が食べたいというリクエストが来る前からありました。

瀬戸内海の真ん中で生まれ育った彼女たちです。

いまは大阪という都会に住み、毎日新鮮なお魚が懐かしくて生きのいい魚を存分に食べたかったそうです。

解かります。解かります。

希望をかなえましょう。

橋を渡って大島は名駒へ。

海の傍にある千年松で昼会席膳を予約していました。


お造りは鯖と鯵と鯛、そして鱧のゆはぜの盛り合わせ。 とにかく、こりこりの食感。美味しいと驚嘆の声があ

がりました。

瀬戸内海の天然鯛の焙烙焼き。これまた絶品。

必ず出る鯛めし。ご飯の硬さといい味付けは申し分なし。

あまり褒めすぎるのもおかしいですが、彼女たちにはとっても満足だったようです。

島まで行って美味しいいい思い出は忘れないだろう。と。

朝10時に出発して、もう3時です。


今治に帰って糸山からしばし来島海峡の渦潮と、行きかう船の見物です。

沈む真っ赤な夕日を眺めそして止まることの無い話に花が咲かせているうちにもう、夕食の時間がきました。

夜は魚主体のイタリアン食べました。

                                                          つづく
[PR]
by a3939a | 2013-11-01 00:29 | Comments(0)